学校法人富澤学園

理事長挨拶・沿革

理事長挨拶

理事長
内田鍈一

 本学園は、大正15年(1926年)に女性の社会的・経済的自立を願って、富澤カネ先生が開いた小さな「山形裁縫女学校」から始まりました。小さな学校は幾多の苦難と困難を乗り越え、山形城北高等学校へと発展しました。その間、創立40周年記念事業として山形短期大学(現東北文教大学短期大学部)を開学し、付属幼稚園も設置され、のちの東北文教大学開学の基盤となりました。

 富澤学園が今日あるのは、「敬愛信」の心を建学の精神とする本学園の教育方針をご理解頂き、お子様を本学園にお送りくださった保護者の皆様、長い間ご指導とご支援を頂いた地域社会の皆様、諸官庁、同窓会の皆様、そして、日々教育に邁進した学園関係者の努力の賜物であります。

 未来を担う若者達を大切に育て、末永く続く学園でありたいと思っておりますので、皆様方のご指導とご支援をよろしくお願い申し上げます。  

沿革

大正15年4月 山形裁縫女学校(各種学校)を創設
昭和21年1月 山形城北高等女学校(旧制高等女学校)と校名変更
昭和23年3月 学制改革により山形城北女子高等学校(新制高等学校)と校名変更
昭和26年3月 学校法人富澤学園を設立認可
昭和41年4月 山形女子短期大学国文科開学
昭和42年4月 山形女子短期大学幼児教育科開設
山形女子短期大学付属幼稚園を開園
昭和62年4月 山形女子短期大学英文科開設
平成13年4月 山形女子短期大学を山形短期大学(男女共学)と校名変更
山形女子短期大学人間福祉科開設
山形女子短期大学付属幼稚園を山形短期大学付属幼稚園に校名変更
平成14年4月 山形城北女子高等学校を山形城北高等学校(男女共学)と校名変更
平成17年4月 山形短期大学 国文科・英文科を改組転換し、総合文化学科開設
山形短期大学 幼児教育科を子ども学科と名称変更
平成22年4月 東北文教大学 人間科学部 子ども教育学科開設
山形短期大学を東北文教大学短期大学部と校名変更
山形短期大学付属幼稚園を東北文教大学付属幼稚園と園名変更

back to top